ここはポンコツ過ぎるので、8/1よりブログ引っ越しました!
新URL⇒http://hibi-zakkan.net/
携帯用URL⇒http://m.hibi-zakkan.net/
新RSS⇒http://hibi-zakkan.net/index.rdf


ブックマークの変更・登録、お手数お掛けしますが宜しくお願いします。
ここにある記事・コメント等すべて移管しました。






【映像】8月5日(国会事故調)伊東良徳氏・田中三彦氏講演会


新:日々雑感 新着記事 Powered By 我RSS

HOME 人気ページラ… このブログに…メール 最近の記事 最近のコメント
ガッカリ.gif

2011年09月25日

地球上で最も放射能汚染された地域、ベスト10 もちろん1位は・・・



地球上で最も放射能汚染された地域、ベスト10 もちろん1位は・・・


10 Most Radioactive Places on Earth

2011年地震と福島を取り巻く放射能の脅威が、国民に不安をもたらしているが、多くの人々はまだその放射能汚染が世界的に危険であると認識していない。

公害への取り組みに特化したNGO「ブラックスミス研究所」リスト化

(訳は翻訳機からそのまま取ったので、若干おかしいかも。)



10. Hanford, USA
hanford-site-waste.jpg
ハンフォードサイトは、ワシントンでは、最初の核爆弾とのためにプルトニウムを製造し、米国の原爆プロジェクトの不可欠な部分だった"ファットマン、"長崎で使用。として冷戦はアメリカの6万核兵器のほとんどのためのプルトニウムを供給する、そのランプの生産まで、上繰り広げた。廃止が、それでも国の高レベル放射性廃棄物の量の3分の2を保持しています - 液体廃棄物の5300万ガロン、固形廃棄物2,500万立方フィート、面積の下にある汚染された地下水の200平方マイル、それはほとんどの作成米国で汚染されたサイト。この地域の環境破壊は、放射能の脅威は、単にミサイルの攻撃に到着するものではないことを明確に、しかし、自分の国の中心に潜んでいる可能性があります。



9. The Mediterranean
sardinia.jpg
放射性廃棄物を含めて - - サービスのために充電し、利益をポケット年間は、イタリアマフィアの"Ndranghetaのシンジケートは、有害廃棄物をダンプするための便利な場所として海を使用しているという申し立てがなされている。イタリアのNGO、レガムビエンテは、毒性や放射性廃棄物を積んだ約40船は1994年以来、地中海水域で消えているではないかと疑っている。 trueの場合、これらの主張は、その真の危険樽の数百が低下するか、何らかの理由でそうでなければ、オープン破るときにのみ明らかになる地中海における核廃棄物の未知の量の気に絵を描く。地中海の美しさがよく意思の環境災害を隠してすることができます。



8. The Somalian Coast
somalia_barrel_toxic.jpg
それはこの不吉なビジネスになると、今述べたイタリアのマフィアの組織は、単にそれ自身の地域に滞在していない。 600毒性と核廃棄物のバレルだけでなく、放射性医療廃棄物を含めて - 政府によって保護されていないソマリアの海と土が、核廃棄物や有害金属の沈没または埋葬のために使用されているという主張もある。実際、国連環境計画は、廃棄物の発錆バレルは2004年の津波は、1990年代にまで遡るダンプされた時にソマリアの海岸線に打ち上げられたと考えている。国はすでに無政府状態荒れ地であり、そして貧困にあえぐ人々のこの廃棄物の影響は、悪い場合ではない彼らはすでに経験しているものよりも悪化する可能性があります。



7. Mayak, Russia
018_mayak_nuclear.jpg
マヤクの工業団地は、ロシアの北東部で、数十年にわたって原子力発電所を持っており、1957年に世界最悪の原子力事故の一つの場所だった。放射性廃棄物の最大100トンの巨大な領域を汚染し、爆発によって解放された。爆発は、1980年代までは秘密に保たれた。 1950年以降、工場からの廃棄物が周辺地域に湖Karachayにダンプされました。これは、何千人もが日常的に依存している水供給の汚染につながっている。火災と致命的な砂嵐を含む - の専門家がKarachayは世界で最も放射性場所かもしれない、と40万人が発生した様々な深刻な事件の結果として、原発施設からの放射線にさらされていると信じています。湖Karachayの自然の美しさは、放射性廃棄物が十分に人間の致死量を与えるために時間内にその水域に流入する放射線レベルで、その致命的な汚染物質を裏腹に。



6. Sellafield, UK
sellafield-9852b.jpg
イギリスの西海岸に位置し、セラフィールドはもともと核爆弾用プルトニウムの生産施設であったが、その後の商業地域に移動。その操作の開始以降、事故の何百もの工場で行われており、建物の三分の二の周りに自分自身が今、核廃棄物として分類されています。原発施設は世界で最も放射性海アイルランド海を作り、日常的に海に汚染された廃棄物の約800万リットルを解放します。イングランドは、その緑の野原とローリング景観で知られていますが、この先進国の中心部に位置しています世界の海に危険な廃棄物を吐き出す、毒性、事故が発生しやすい施設です。



5. Siberian Chemical Combine, Russia
siberia.jpg
マヤクは、ロシアで唯一汚染されたサイトではなく、シベリアでは、核廃棄物の四十年分の以上が含まれている化学工場の本拠地です。地下貯蔵は地下水に漏洩する可能性を秘めている一方、液体廃棄物は、発見のプールに格納され、整備不良のコンテナは、固形廃棄物12万5000トン以上保有しています。風と雨は、野生生物や周辺地域への汚染を広げている。と様々なマイナーな事故は、プルトニウム行く行方不明となり、放射線を拡散爆発につながっている。雪の風景が自然のままと真っ白なに見えるかもしれないが、事実はここで発見される汚染の本当のレベルを明確にする。


4. The Polygon, Kazakhstan
kazakhstan-map.jpg
ソ連の核実験の場所と、この地域は現在、現代のカザフスタンの一部です。サイトは、その"無人島"状態のためにソ連の原爆プロジェクトに充てていた - 70万人が地域に住んでいたという事実にもかかわらず。施設は、ソ連が最初の核爆弾を爆発させた場所であり、世界の核爆発の最大濃度を持つ場所のための記録保持者です:1949 1989から40年以上の456のテスト。試験施設で実施しながら - と放射線被曝の観点から、その影響は - 1991年に閉じ施設まで、ソ連軍によって秘密に保たれた、科学者は20万人が自分の健康に直接放射線による影響を持っていたと推定している。諸外国を破壊する欲求は、かつてソ連の市民だった人々の頭の上にぶら下がって核汚染の不安につながっている。



3. Mailuu-Suu, Kyrgyzstan
knapp3.jpg
2006ブラックスミス研究所の報告書によって地球上でトップ10に汚染された場所の一つと考えられ、Mailuu -スーチーにおける放射はない核爆弾や発電所から、彼らが伴うプロセスに必要な材料の採掘から来ている。エリアは、ウランの採掘と処理施設への家庭であり、現在はウラン廃棄物の36ダンプが残されている - 196万立方メートル以上。この地域はまた、地震活動が発生しやすく、封じ込めの中断は、数十万人の人々によって使用される汚染水の材料を公開したり、廃棄物の一部が河川に落下する可能性があります。これらの人々はこれまで核攻撃の危険を被る場合がありますが、それにもかかわらず、彼らは放射性降下物の恐怖の中で地球が揺れるたびに生きるために十分な理由がある。



2. Chernobyl, Ukraine
20110317012357!chernobyl_disaster.jpg
世界最悪の、最も悪名高い原子力事故の一つに家には、チェルノブイリの人々の少数が、今の時間の限られた量の領域に許可されているという事実にもかかわらず、まだ汚れが多いです。悪名高い放射線にさらされるために600万人以上の原因となった事故、そして最終的に4,000から93000という高にチェルノブイリ事故の範囲のために発生する死亡者数のように推定している。事故が長崎と広島の原爆の100倍以上の放射線をリリー​​ス。ベラルーシでは、放射線の70%を吸収し、その市民はそれ以来の増加癌の発生率を扱っている。今日でも、単語チェルノブイリは、人間の苦しみの恐ろしいイメージを想起させる。



1. Fukushima, Japan
fukushima-reactor.jpg
2011地震と津波は、家庭や生活を破壊された悲劇だったが、福島原子力発電所の影響が最も長持ちする危険性があります。チェルノブイリ以来最悪の原子力事故、事件が周辺地域と海に放射線を漏洩六原子炉の三のメルトダウンを引き起こした、そのようなその放射材料は、遠くの原発施設から200マイルとして検出されました。事件とその影響はまだ展開しているとして、環境影響の真の規模はまだ不明です。世界はまだこれからの世代のためには、この災害の影響を感じることがあります。



10 Most Radioactive Places on Earth
http://brainz.org/ten-most-radioactive-places-earth/より


このリストがどういう根拠で作られたか、「ブラックスミス研究所」が何者なのかはよく分かりませんが、『世界ではこういう見方されてる。』ということがわかるものであると思います。


原発のない世界へ





【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by kazponize at 14:30 | Comment(4) | 東北地方太平洋沖地震
必須防災グッズ.png
この記事へのコメント
蓮○さ〜ん今こそ「世界一になる理由は何があるんでしょうか? 2位じゃ駄目なんですか!?」って言う時ですよー!!

・・・てか、1位・・・
チェルノさんより上・・・
ですよねー・・・あははははは(´;ω;`)

・・・にも関わらず危機感薄い人が多いですよね本当に・・・。これがどれほど大変なことなのか判ってない人が多すぎる・・・。

Posted by みけ at 2011年09月25日 20:58
機械翻訳?文中の「植物」はだいたい施設(プラント)のことだと思います。
いつも参考になる記事をありがとうございます。
Posted by がー at 2011年09月25日 22:26
みけさんへ

そうなんですよね・・・何か本当に放射能なんて殆ど無いような世の中にもうなってきましたよね・・・
5年後です・・・


がーさんへ
ごめんなさい。「プラント」が全部植物になってますね・・・よく見たら、かなりヒドス

翻訳機で訳してそのまま未確認で貼り付けました・・・ゴメン
参考にならない記事もあると思いますが、見に来てくれてありがとうございます!


Posted by 日々雑感 at 2011年09月26日 02:38
韓国のソウルはどれくらいの順位なのでしょうか?
Posted by ひろ at 2014年03月12日 09:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


最新記事バナー.JPG
Powered By 我RSS